にきびの予防には食事、スキンケア、生活習慣です

にきびは出来てから治療するよりも、出来ないように予防する方が良い方法です。
にきびは、食生活やスキンケアなどの生活習慣を見直すことで予防することが可能になります。

にきびを発生させない栄養素は、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEです。
ビタミンAは鶏レバー、ほうれん草などに含まれており、肌の新陳代謝を正常にして、肌のターンオーバーを助けます。ビタミンB群は豚レバー、にんにく、マグロなどに含まれていて、脂質の過剰分泌を防ぎ肌のターンオーバーに効果があるためニキビの悪化を防ぎます。
ビタミンCは、パプリカ、ブロッコリーなどに含まれ、にきび跡のケアにも効果的な成分で、色素沈着したニキビ跡などの改善を早める効果が期待できます。ビタミンEは豚レバー、魚肉ソーセージなどに含まれており、ホルモンのバランスを整えます。

ニキビの根本的な原因は、ホルモンバランスが乱れです。

ビタミンEはホルモンバランスを正常に整えるためニキビの根本原因から改善できます。

エキサイトニュースの情報といえばココです。

スキンケアでは、過剰な皮脂を取り除き、毛穴を詰まらせないことが大切です。



メイクをしている場合は、1日の終わりにしっかりとオイルの少ないクレンジングを使用してメイクを落とします。


また、皮脂が気になるからといっても、洗顔のしすぎはよくありません。

にきび情報をまとめてチェックしよう。

1日に何度も洗顔したり、強い洗浄力のある石鹸を使用すると、肌に必要な潤い成分も取り除いてしまいます。


また、ピーリングも効果的です。


にきびを予防するには、食事とスキンケアが大切ですが、睡眠不足や運動不足など生活習慣も見直すことも大切です。